黒子のバスケ 聖地情報

バスケットボールの超強豪校、帝光中学校で特に輝かしい一時代を築いた“キセキの世代”。10年に1人の天才であるその5人と肩を並べ、彼らから認められていたにも関わらず、その特性ゆえに活躍を知られなかった“幻の6人目”黒子テツヤは、誠凛高校バスケットボール部に帰国子女の大型新人・火神大我らともに入部していた。普段から人に気付かれないほどの影の薄さを活かし、試合では対戦相手を圧倒する黒子と、超人的な身体能力をもつ火神は、キセキの世代を倒し日本一になるため、互いに研鑽を重ねながら強敵との試合に臨んでいく。



黒子のバスケ マップ

大きな地図で見る (全画面表示)


マップ情報

黒子のバスケ (aniloca)

IDマーカー名位置 (自動取得)
117-1棒立ちの黒子日本, 東京都小金井市本町6丁目14−45
117-2イラストが書いてある高架下日本, 東京都新宿区百人町2丁目
117-3インターハイ一回戦日本, 東京都小金井市関野町1丁目7−15
117-4インターハイ一回戦日本, 東京都小金井市関野町1丁目13−1
117-5インターハイ準決勝会場日本, 東京都世田谷区駒沢公園1
117-6インターハイ準決勝会場日本, 東京都世田谷区駒沢公園1
117-7インターハイ準決勝日本, 東京都世田谷区駒沢公園1


地域別


作品別