orange 聖地情報

高校2年の春、高宮菜穂のもとに届いた手紙の差出人は、10年後の自分だった。菜穂はイタズラを疑うも、手紙に書かれていることは次々と現実に起こる。さらに手紙には、成瀬翔という男子高校生が今後転校してくること、菜穂が彼を好きになること、そして彼が事故で死亡することまでもが書かれていた。10年後、自分のように後悔してほしくない。そう綴る未来の自分の願いは、翔を助けることだった。将来の出来事が書かれた手紙と共に、菜穂は翔を救うため動き出す。

長野県松本市が舞台です。



orange マップ

大きな地図で見る (全画面表示)


マップ情報

orange(著:高野苺) 舞台探訪MAP (徒然日記)

IDマーカー名位置 (自動取得)
299-0千歳橋 (3巻表紙 CM版)日本, 長野県松本市中央2丁目4−3
299-1ナワテ通り(2巻 Letter8)日本, 長野県松本市大手4丁目3−18
299-2花時計公園(2巻 Letter8)日本, 長野県松本市中央2丁目1−12
299-3城山公園(2巻 Letter5)日本, 長野県松本市蟻ケ崎(大字)
299-4あがたの森公園(2巻 Letter8)日本, 長野県松本市県1丁目3−60
299-5幸橋 (2巻 Letter8)日本, 長野県松本市大手4丁目1−10
299-6四柱神社(2巻 Letter8)日本, 長野県松本市大手3丁目3−20
299-7蔵・鮨栄(2巻 Letter8)日本, 長野県松本市中央1丁目10−22


地域別


作品別